Shiki’s Weblog

青谿書屋(せいけいしょおく)(ほん)土佐(とさ)日記(にっき)』をいまの日本語(にほんご)にしてみる ― その1

2019/12/31, 加筆(かひつ)改定(かいてい): 2020/1/16

 前回(ぜんかい)につづいて『土佐(とさ)日記(にっき)』から。
 今回(こんかい)は、『土佐(とさ)日記(にっき)』のはじめから1(がつ)6日(むいか)のぶんまでを、いまの日本語(にほんご)にしてみました。本文(ほんぶん)は「青谿書屋(せいけいしょおく)(ほん)」を基本(きほん)にして、ほとんどひらがなだけの本文(ほんぶん)から、いまの日本語(にほんご)にしてみています。漢字(かんじ)漢語(かんご)は、貫之(つらゆき)本文(ほんぶん)よりもすこしおおくなっていますが、おおくなりすぎないように注意(ちゅうい)しました。
 『土佐(とさ)日記(にっき)』では、和歌(わか)などを引用(いんよう)している部分(ぶぶん)前後(ぜんご)(ぶん)が、不自然(ふしぜん)(かん)じられるところがあります。『土佐(とさ)日記(にっき)』がかかれたころの和文(わぶん)では、引用(いんよう)表現(ひょうげん)がまだ完成(かんせい)していなかったことをしめすもののようです(参考(さんこう): 「土佐日記の引用表現をめぐる諸問題」)。今回(こんかい)は、そのあたりはもとの(かん)じのままに(やく)してあります。
 参考(さんこう)にした文献(ぶんけん)については、前回(ぜんかい)記事(きじ)にのせてあります。よくある(やく)とちがう(やく)にした部分(ぶぶん)や、補足(ほそく)があるところには、「(こめじるし)」をつけて、一日(いちにち)ごとに理由(りゆう)などをまとめてあります。
 もとは1000(ねん)以上(いじょう)まえにかかれた文章(ぶんしょう)です。ここで、いまの日本語(にほんご)にしてみたものにも、たくさんあやまりがあるかとおもいます。あとでなにか()づいたときは、そのつど、なおしていきます。


土佐(とさ)日記(にっき)

『<ruby>土佐<rp>(</rp><rt>とさ</rt><rp>)</rp></ruby><ruby>日記<rp>(</rp><rt>にっき</rt><rp>)</rp></ruby>』1<ruby>頁<rp>(</rp><rt>ぺーじ</rt><rp>)</rp></ruby>

はじめに

「おとこもするという日記(にっき)というものを、
 おんなもしてみたい」というので、(わたしが手本を)する。


※ 「をとこもすなる日記(にっき)といふものを おむなのしてみむ とて するなり」
 『土佐(とさ)日記(にっき)』は、だれかから依頼(いらい)をうけて貫之(つらゆき)がかいたのでは、という説があります。そのばあい、原文(げんぶん)の「をとこもすなる日記といふものを をむなもしてみん」という部分(ぶぶん)は、その依頼(いらい)内容(ないよう)ということになりそうです。「『引用(いんよう)(ぶん)』とて、~。」という(ぶん)のかたちは、『土佐(とさ)日記(にっき)』のなかによくでてきます。
 「をとこもす」からは「(おとこ)文字(もじ)漢字(かんじ))」が、「をむなもし」からは「(おんな)文字(もじ)(ひらがな)」が連想(れんそう)されます。この(てん)についても、いろいろな(せつ)があります。前回(ぜんかい)は、貫之(つらゆき)が「あまのはら」と「あをうなはら」の対比(たいひ)をうまくつかっているようすをみました。「をとこもす」と「をむなもし」の対比(たいひ)も、貫之(つらゆき)はわざとかいているように(かん)じられます。
 「漢文(かんぶん)日記(にっき)はよくわからない。でも、その日記(にっき)というものはかいてみたい。()はひらがながよい。とはいっても、どうかけばよいものか。(古今(こきん)和歌集(わかしゅう)仮名(かな)(じょ)をかいた)貫之(つらゆき)なら、日記(にっき)手本(てほん)もひらがなでかけるでしょう」
 そんな依頼(いらい)貫之(つらゆき)はきいていたのかもしれません。ここでは、依頼(いらい)があったことがわかるように、「(わたしが手本を)」とおぎなって(やく)してみました。このことについては、『土佐(とさ)日記(にっき)』のおわり部分(ぶぶん)でまたふれます。


12/21

 それの(とし)(※)のしわすの21(にち)()(よる)()ごろに(やかた)(もん)をでた。そのいきさつをささっとありあわせの(かみ)にかきつける。
 あるひとが、任国(あがた)での四(ねん)め、五(ねん)めをおえて、定例(ていれい)のこともみんなしおえて、解由状(げゆじょう)などをとって、すんでいた(やかた)からでて、ふねにのるばしょまでわたる。だれもかれも、しっているひとも、しらないひとも、みおくりをする。数年(すうねん)、とくに、したしくしてきたひとたちは、わかれがたくおもって、(ひる)からたえまなく、あれこれとさわいでいる。そうしているうちに(よる)もふけていた。


※ 「それのとし」=『土佐(とさ)日記(にっき)』は、和文(わぶん)日記(にっき)をかくためのお手本(てほん)のような(かん)じもあります。そうだとすると、じぶんで日記(にっき)をかくときは、じっさいの(とし)をかいてください、ということをしめすマーカーが「それ」ということになりそうです。(参考(さんこう): 「土佐日記の指示表現をめぐる諸問題」)
 『土佐(とさ)日記(にっき)』では、12(がつ)は29(にち)でおわり、翌日(よくじつ)元旦(がんたん)になっています。12(がつ)具注暦(ぐちゅうれき)(しょう)(つき)だったことになります。貫之(つらゆき)土佐(とさ)から(きょう)にむけて出発(しゅっぱつ)したのは承平(じょうへい)(ねん)です。承平(じょうへい)(ねん)は12(がつ)(しょう)(つき)になっていて、日記(にっき)一致(いっち)しています。「青谿書屋(せいけいしょおく)(ほん)」には「延長八年任土左守承平四年()」とかきくわえられています。これは、藤原(ふじわら)為家(ためいえ)か、あるいはべつの書写(しょしゃ)(しゃ)が、かきくわえたものとみなされているようです。


12/22

 22(にち)に、「和泉(いずみ)(くに)まで」と、ひらに、(がん)をたてた。ふじわらときざねは、ふねの(たび)なのに(※1)、(()じもせず)(うま)のはなむけをした。(ときざね以下(いか))かみ、なか、しものひとも、みな()いすぎて、とてもひどく海辺(うみべ)でさわぎみだれていた(※2)。


※ 「土佐(とさ)日記(にっき)()みなおす」では、※1、※2ともに、諧謔(かいぎゃく)表現(ひょうげん)ではないとしています。

※1 「ふなちなれと」=つぎの()日記(にっき)からわかるように、ふねの(たび)に「(うま)のはなむけ」をしたりするのは()ずかしくないのかと貫之(つらゆき)はおもっていた。
※2 「あされあへり」=これからふねの(たび)心配(しんぱい)ごともおおいのにと、ただただ貫之(つらゆき)はあきれてみていた。


12/23

 23(にち)。やぎのやすのりというひとがいた。(くに)で、いつも、つかっているひとではない。このひとが、おごそかなようすで、(うま)のはなむけをした。
 (かみ)のひとがらによるだろう。くにのひとのこころは、ふつうは、いまはとおもって、みえないものだが、こころあるひとは、(ふねの(たび)でも(うま)のはなむけをしに)はじることもなくくるのだった。これは(りっぱな)おくりものがあったからといって、ほめているわけではない。


※ この部分(ぶぶん)土佐(とさ)日記(にっき)()みなおす」にしめされた解釈(かいしゃく)にそって(やく)してみました。きのうは、貫之(つらゆき)は、ふねの(たび)に「(うま)のはなむけ」などして()ずかしくないのかとおもっていた。けれども、これがこの(くに)のひとたちのまごころなのだということに()づいて、ありがたくおもうようになっています。


12/24

 24(にち)国分寺(こくぶんじ)(そう)(かん)が、(うま)のはなむけにおいでになった。((てら)の)ぜんいん、かみも、しもも、((てら)でつかっている)こどもまで、()いしれて、(いちばんかんたんな)「(いち)」という文字(もじ)さえしらないものたちが(※1)、(あし)(じゅう)()にふんで(※2)おどった。


※1 「一文字(いちもんじ)をたにしらぬものしが」=解釈(かいしゃく)がいろいろとわかれていて、「一文字(いちもんじ)をだにしらぬ(もの)、し(それ)が」、あるいは、「一文字(いちもんじ)をだにしらぬ物師(ものし)が」など。ここでは、前者(ぜんしゃ)解釈(かいしゃく)をとりました。後者(こうしゃ)だと、もはや講師(こうじ)法師(ほうし))ではなく(もの)()と、あきれてみている(かん)じになります。
※2 「あしは十文字(じゅうもんじ)に ふみてそ あそふ」=念仏(ねんぶつ)(おど)りの「軸足に対して左右の足を斜め前の方向に交差させ, ×印をつくる」という、うごきをおもわせるものであるようです。(参考(さんこう): 「土佐の念仏・風流系芸能の足の所作 ― 中国貴州省銅仁地区松桃村苗族の儺堂戯の禹歩と反閇を分類基準として」)

補足(ほそく): ここも諧謔(かいぎゃく)表現(ひょうげん)ではないものとして(やく)しました。ただ、貫之(つらゆき)はあきれてみていたのではないようにおもいます。()ってはいても「念仏(ねんぶつ)(おど)り」のようなことをしていたのかもしれません。
 讃岐(さぬき)には「滝宮(たきのみや)念仏(ねんぶつ)(おどり)」がつたわっています。こちらは、土佐(とさ)日記(にっき)時期(じき)よりもまえから1000(ねん)以上(いじょう)つづいているそうです。菅原(すがわら)道真(みちざね)冥福(めいふく)をいのったのが由来(ゆらい)ともされているようです。貫之(つらゆき)にとっては、道真(みちざね)怨霊(おんりょう)のようなものだったはずです。滝宮(たきのみや)(はなし)をきいていれば、それはそれで、ありがたいものであったのかもしれません。


12/25

 25(にち)(かみ)(やかた)から(ふみ)をもって()びにきたようだ(※1)。()ばれていって、(ひる)も、(よる)も、あれやこれやと、うたよみのようなこと(※2)をしているうちに((よる)も)あけてしまった。


※1 「きたなり」=「きたんなり」の「ん」の()がないだけで、断定(だんてい)の「なり」とする(せつ)もあるようです。そのばあいは、「()びにきた。」
※2 「あそふやう」=(かみ)(やかた)漢詩(かんし)和歌(わか)をよんだりしているのだけれど、みんなヘタだった、というようなニュアンス。


12/26

 26(にち)(かみ)(やかた)であるじはおおさわぎをつづけて、ともの(もの)にまでものをやっていた。漢詩(かんし)(こえ)をあげてよんだ。やまとうたは、あるじも、まねかれたひとも、ほかのひとも、よみあっていた。漢詩(かんし)は(うまいうたがなかったので)とてもここにはかけない。あるじの(かみ)のよんだのが、

 みやこいてゝ きみにあはんと こしものを こしかひもなく わかれぬるかな

だったので、((きょう)に)かえるまえの(かみ)のよんだのが、

 しろたへの なみちをとほく ゆきかひて われににへきは たれならなくに

 ほかのひとびとのもあったけれど、うまいうたは、なかったようだ。あれこれいって、まえの(かみ)も、いまの(かみ)も、そろっておりて、いまのあるじも、まえのあるじも、()をとりかわして、()ったまま、こころよいことばをかわしてわかれた(※)。


※ 「いていりにけり」=まえの(かみ)()て、いまの(かみ)ははいった。主語(しゅご)がべつべつの複合(ふくごう)動詞(どうし)


12/27

 27(にち)大津(おおつ)から(うら)()にむけてこぎだす。そんななかで、(きょう)でうまれたおんなのこが(くに)できゅうになくなってしまったので、このごろのでていくしたくをみても、なにごともいわなかった。(きょう)へかえるにも、おんなのこがなくなったことだけを、おもいかなしんでいる。ひとびとも(かなしみに)たえられない。
 そのあいだに、あるひとがかいてみせたうた。

 みやこへと おもふをものゝ かなしきは かへらぬひとの あれはなりけり

 また、あるときには、

 あるものと わすれつつなほ なきひとを いつらとゝふそ かなしかりける

といっていたあいだに、鹿児(かご)(さき)というところに(かみ)兄弟(きょうだい)、また、べつのひとも、あれこれ(さけ)などをもっておってきて、(いそ)におりてわかれがたいことばをいった。(かみ)(やかた)のひとびとのなかで、ここにきたひとびとは、こころあるひとだといわれて、それとなくわかった(※1)。
 このようにわかれがたいことばをいって、ここのひとびとは、(うたをいう)(くち)も((りょう)の)(あみ)をもつのもみんないっしょで(※2)、この海辺(うみべ)で(みんなで)かつぎだしたうたは、

 をしとおもふ ひとやとまると あしかもの うちむれてこそ われはきにけれ

といって(そこに)いたので、こころからほめて、ゆくひとがよんだのが、

 さをさせと そこひもしらぬ わたつみの ふかきこゝろを きみにみるかな

といっているあいだに、かじとりが、もののあわれ(※3)もしらずに、じぶんは(さけ)をのんでしまったので、はやくでかけようとして、「(しお)がみちた。(かぜ)もふくだろう」とさわいでは、ふねにのってしまおうとする。
 そのとき、そこにいたひとびとは、おりふしにつけながら、ときにふさわしい漢詩(かんし)などをうたった。またあるひとは、西(にし)(くに)だけれど((ひがし)の)甲斐(かい)のうた(※4)などをうたった。そう、うたうようすは、「ふねのやかたのちりもおちて、(そら)をゆく(くも)もただよっているだろう」と(中国(ちゅうごく)故事(こじ)に)いうとおりだった。
 こよいは、(うら)()にとまる。ふじわらのときざね、たちばなのすえひら、ほかのひとびともおってきた。


※1 「いはれほのめく」=解釈(かいしゃく)には諸説(しょせつ)あるようです。前日(ぜんじつ)の「いていりにけり」もあるので、だれかがいって、著者(ちょしゃ)もそうおもった、という解釈(かいしゃく)でムリはなさそう。
※2 「くちあみもゝろもちにて」=なにかはわからないけれど「くち(あみ)」というものがあってという(せつ)もあります。ここでは、(くち)(あみ)もみんないっしょに、という『(ぜん)注釈(ちゅうしゃく)』の(せつ)によりました。
※3 「もののあわれ」=この部分(ぶぶん)は、「もののあわれ」ということばがつかわれている、いちばんふるい文章(ぶんしょう)だそうです。
※4 「甲斐(かい)のうた」は、『古今(こきん)和歌集(わかしゅう)』のつぎのうただとかんがえられているようです。
かひうた
かひかねを ねこしやまこし ふくかせを ひとにもかもや ことつてやらむ
甲斐(かい)(みね)を、(みね)をこえ(やま)をこえてふく風がひとであれば、ことづてをたのもう)


12/28

 28(にち)(うら)()からこぎでて、大湊(おおみなと)をめざす。そのあいだに、もと(かみ)のこ、山口(やまぐち)のちみねが、(さけ)や、よいものなどをもってきて、ふねにいれた。((うみ)を)ゆきながら、のんだり、たべたりした。


※ もとの(かみ)は、(きょう)にかえらずに、土佐(とさ)にのこったのでしょうか。


12/29

 29(にち)大湊(おおみなと)にとまった。(くに)医者(いしゃ)がわざわざ、おとそ、百散(びゃくさん)(さけ)までもってきた。(なくなったおんなのこへの)こころざしはあるようだった。


※ 「こころさし あるにゝたり」の解釈(かいしゃく)はむずかしいようです。古語(こご)辞典(じてん)をみても、(ほん)をみても、ほかのひとの(やく)をみても、解釈(かいしゃく)はそれぞればらばらでした。前日(ぜんじつ)山口(やまぐち)のちみねには、こころさしさえない、というようなニュアンスもあるようです。
 承平(じょうへい)(ねん)(934(ねん))は12(がつ)29(にち)で一(ねん)がおわるので、この()がおおみそかでした。


1/1 元旦(がんたん)

 元旦(がんたん)。まだおなじとまりにいる。(つつんだ)(びゃく)(さん)をあるものが(よる)のあいだだけと、ふなやかたにさしはさんでいたようで、(かぜ)にふきならさせて、(うみ)にいれて、のめなくなってしまった。「いもじ」、「あらめ」、「はがため」もない。こうしたもののない(くに)だ。もとめてもおかなかった。ただ、おし(あゆ)(※1)の(くち)だけを()った。
 この()うひとびとの(くち)(の意味(いみ))をおし(あゆ)がかんがえたりすることはあるだろうか。
「きょうは、(みやこ)にばかり、おもいをはせてしまう。」
「ちいさないえのかどのしめ(なわ)の『なよし(※2)』の(かしら)。ひいらぎなど。どうなっているかな」
といいあっているのだ(※3)。


※1 「おしあゆ」=おし(あゆ)()(がた)めの儀式(ぎしき)でたべるもののひとつ。いまの京都(きょうと)のお正月(しょうがつ)のお菓子(かし)(はな)びら(もち)」は、「()(がた)め」を由来(ゆらい)とするようです。おし(あゆ)にみたててゴボウをつつんでいます。
※2 「なよし」=「()()し」。出世(しゅっせ)(うお)のボラのこと。
※3 「いひあへなる」=「いひあへるなる」という(せつ)連体形(れんたいけい)-なり。断定(だんてい))と「いひあへりなる」という(せつ)終止形(しゅうしけい)-なり。推定(すいてい))があります。ここでは、おし(あゆ)には()もちはわかるまい、と前者(ぜんしゃ)解釈(かいしゃく)してあります。後者(こうしゃ)だとおし(あゆ)がはなしあっている(かん)じで諧謔(かいぎゃく)(せつ)をとるかたちになります。ここでは、まいにち、なくなったおんなのこをおもいかえしている、という前提(ぜんてい)(やく)しています。


1/2

 二日(ふつか)。まだ、おおみなとにとまっている。国分寺(こくぶんじ)(そう)(かん)がものや(さけ)をよこした。

1/3

 三日(みっか)。おなじところだ。もしかすると、(かぜ)(なみ)にも「すこしだけ」とおしむこころがあるのだろうか。しんぱいだ。

1/4

 四日(よっか)(かぜ)がふくので、(ふねを)だせない。まさつらが、(さけ)やよいものを(あのひとに)お(おく)りした。このようにものをもってきたひとに、そのままではいられず、いささかのことをさせる。ものもない(※)。にぎわしいようだけれど、おいめを(かん)じる。


※ 「いさゝけわさせさすものもなし」=「ものもなし」のまえで(ぶん)はきれてないとする(せつ)もあります。どちらかは、きめがたいようです。ここでは、きれているという理解(りかい)(やく)しました。


1/5

 五日(いつか)(なみ)(かぜ)がやまないので、まだなお、おなじところにいる。ひとびとが、ひっきりなしに、おとずれてくる。

1/6

 六日(むいか)。きのうとかわらない。