Shiki’s Weblog

ひとのこころと(つき)のかげ ― 『土佐(とさ)日記(にっき)

2019/12/28


 もろこしと このくにとは こと ことなるものなれと つきのかけは おなしことなるへけれは ひとのこころも おなしことにやあらん ― 紀貫之(きのつらゆき)


はじめに

 中国(ちゅうごく)(とう)日本(にほん)とは、ことばは(こと)なるけれど、(つき)のすがたはおなじなのだから、ひとの(こころ)もおなじなのだろう。貫之(つらゆき)が『土佐(とさ)日記(にっき)』にたくしたこの信条(しんじょう)は、「漢詩(かんし)和歌(わか)対等(たいとう)である」といった信条(しんじょう)として理解(りかい)されています。この(ぶん)貫之(つらゆき)がかいた『土佐(とさ)日記(にっき)』の正月(しょうがつ)二十日(はつか)部分(ぶぶん)にでてきます。
 今回(こんかい)は、『土佐(とさ)日記(にっき)』の正月(しょうがつ)一九(にち)二十日(はつか)日記(にっき)をいまの()になおしたものをつくってみました。くずし()のよこにそえた(あお)()がいまの活字(かつじ)にしたものです。もとのくずし()文章(ぶんしょう)は、『古典(こてん)批判的(ひはんてき)処置(しょち)(かん)する研究(けんきゅう)』にある「青谿書屋(せいけいしょおく)(ほん)」です。青谿書屋(せいけいしょおく)(ほん)は、貫之(つらゆき)自筆(じひつ)(ほん)藤原(ふじわら)為家(ためいえ)定家(ていか)の三(なん))が書写(しょしゃ)したものをていねいに書写(しょしゃ)したものです。一九(にち)二十日(はつか)部分(ぶぶん)は、日付(ひづけ)以外(いがい)は、もともとひらがなだけでかかれています。
 (かく)ページのしたに、いまのことばにしてみたものをかきそえました。まちがっているところもあるかとおもいますが、なるべくしっくりきたことばをえらぶようにしました。

40(ぺーじ)

『<ruby>土佐<rp>(</rp><rt>とさ</rt><rp>)</rp></ruby><ruby>日記<rp>(</rp><rt>にっき</rt><rp>)</rp></ruby>』40<ruby>頁<rp>(</rp><rt>ぺーじ</rt><rp>)</rp></ruby>

 十九(にち)。(天気(てんき)だけでなく、きょうはこよみのうえでも「陽錯(ようさく)」で)()がわるいので、ふねをいかせなかった。
 二十日(はつか)。(天気(てんき)が)きのうまでとかわらないので、ふねをいかせなかった。ひとびとはみんな、ぐちをこぼして、ためいきをつく。しんぱいでこころもとなかったので、ただ()のすぎてしまったかずをきょうでなんにちか、はつか、みそかと、か


※ 「ひあしけれは」は、「天候(てんこう)がわるいので」とする(せつ)と「(こよみ)吉凶(きっきょう)がわるいので」とする(せつ)があるようです。(あめ)(かぜ)(なみ)のことであれば、『土佐(とさ)日記(にっき)』にはそのとおりかいてある部分(ぶぶん)があります。ですので、()がわるいというのは、(あめ)(かぜ)(なみ)以外(いがい)のこともありそうです。
 承平(じょうへい)(ねん)は1(がつ)26(にち)も「陽錯(ようさく)」のようです。「廿六日 まことにやあらん かいそくおふといへは よなかはかりより ふねをいたして」という部分(ぶぶん)は、「二六(にち)。(「陽錯(ようさく)」でふねをだすひとなどいないだろうに、)ほんとうだろうか。海賊(かいぞく)がおってくるというので、夜中(よなか)くらいからふねをだして」というような解釈(かいしゃく)もできそうです。

41(ぺーじ)

『<ruby>土佐<rp>(</rp><rt>とさ</rt><rp>)</rp></ruby><ruby>日記<rp>(</rp><rt>にっき</rt><rp>)</rp></ruby>』41<ruby>頁<rp>(</rp><rt>ぺーじ</rt><rp>)</rp></ruby>

ぞえても、(ゆび)はかぞえそこなってしまうだろう。とてもこころぼそい。(よる)は、ねむれもしない。二十日(はつか)()(つき)がでてしまった。(やま)()もなくて、(うみ)のなかからでてくる。このようなのをみてだろうか。むかし、あべのかなまろというひとが、(もろこし)にわたってかえってくるときに、ふねにのるところで、あちらのくにのひとは、はなむけに、わかれをおしんで、りっぱな


二十日(はつか)()(つき)がでてくるのは、午後(ごご)10()ごろ。参考(さんこう):「お月様の満ち欠けと呼び名(月の名前)」。

42(ぺーじ)

『<ruby>土佐<rp>(</rp><rt>とさ</rt><rp>)</rp></ruby><ruby>日記<rp>(</rp><rt>にっき</rt><rp>)</rp></ruby>』42<ruby>頁<rp>(</rp><rt>ぺーじ</rt><rp>)</rp></ruby>

からうたをつくったりした。なごりおしかったのだろう。はつかの()(つき)がでてきてもまだ、((ふね)にのるところに)いた。その(つき)(うみ)からでてきた。それをみて、なかまろさまが、「わがくにでは、こういううたを神代(かみよ)より(かみ)もおよみになった。いまはかみも、なか、しものひとも、このようにわかれおしみ、よろこびもあり、かなしみもあるときには、よむ」とよんだうたは、

43(ぺーじ)

『<ruby>土佐<rp>(</rp><rt>とさ</rt><rp>)</rp></ruby><ruby>日記<rp>(</rp><rt>にっき</rt><rp>)</rp></ruby>』43<ruby>頁<rp>(</rp><rt>ぺーじ</rt><rp>)</rp></ruby>

 あをうなはら ふりさけみれは かすかなる みかさのやまに いてしつきかも

とよんだ。あちらのくにのひとは、きいてもわからないだろうと、おもわれたけれども、ことばのこころを、(おとこ)文字(もじ)で、おもむきをかきだして、こちらのことばをつたえるひとにつたえると、そのこころをわかったのだろうか。ほんとうにおもいのほか、()にいったのだった。(もろこし)


(おとこ)文字(もじ)漢字(かんじ)

44(ぺーじ)

『<ruby>土佐<rp>(</rp><rt>とさ</rt><rp>)</rp></ruby><ruby>日記<rp>(</rp><rt>にっき</rt><rp>)</rp></ruby>』44<ruby>頁<rp>(</rp><rt>ぺーじ</rt><rp>)</rp></ruby>

このくにとは、ことばは(こと)なるけれど、(つき)のすがたはおなじなのだから、ひとのこころもおなじなのだろう。さて、ちょうどいま、そうしたむかしをおもってよんだ、あるひとのうたです。

 みやこにて やまのはに みしつきなれと なみよりいてゝ なみにこそいれ

阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)李白(りはく)

 阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)は、留学生(りゅうがくせい)として(とう)にわたりました。漢詩(かんし)がじょうずで、李白(りはく)といった(とう)のゆうめいな詩人(しじん)たちとも友人(ゆうじん)になりました。仲麻呂(なかまろ)ののった日本(にほん)にかえる(ふね)はとちゅうで漂流(ひょうりゅう)してしまいます。仲麻呂(なかまろ)がなくなったとおもった李白(りはく)はつぎの漢詩(かんし)をよみました。
 


哭晁卿衡
日本晁卿辞帝都
征帆一片繞蓬壷
明月不帰沈碧海
白雲愁色満蒼梧


 
 聡明(そうめい)仲麻呂(なかまろ)を「明月(めいげつ)」にたとえて、「碧海(へきかい)」にしずんでしまったことをなげいています。「蒼梧(そうご)」は蒼梧山(そうごさん)という(やま)だそうです。この漢詩(かんし)仲麻呂(なかまろ)のよんだうたに()ている(かん)じがします。
 土佐(とさ)日記(にっき)仲麻呂(なかまろ)のうたは、古今(こきん)和歌集(わかしゅう)にもほとんどおなじうたがあります。
 


もろこしにて月を見てよみける
この歌は、むかしなかまろをもろこしにものならはしにつかはしたりけるに、あまたのとしをへてえかへりまうてこさりけるを、このくにより又つかひまかりいたりけるにたくひてまうてきなむとていてたちけるに、めいしうといふ所のうみへにてかのくにの人むまのはなむけしけり、よるになりて月のいとおもしろくさしいてたりけるを見てよめるとなむかたりつたふる
安倍仲麿

あまのはら ふりさけみれは かすかなる みかさのやまに いてしつきかも


 
 学校(がっこう)でおそわるうたの意味(いみ)は、「おおぞらをうえをむいてみれば、春日(かすが)三笠(みかさ)(やま)にでていた(つき)(とおなじ)だよ」といったものでしょうか。けれども、古今(こきん)和歌集(わかしゅう)のうたには「複線(ふくせん)構造(こうぞう)」ということがあるそうです。「あまのはら」に「あをうなはら」、「ふり()く」に「ふり()く」、「春日(かすが)なる」に「(かす)かなる」といった意味(いみ)をかくすこともできそうです。そうであれば、「碧海(へきかい)を ふり()いてみれば かすかに 三笠(みかさ)(やま)(つき)(わたし)がでてるかなぁ」というような意味(いみ)もかくしていたような(かん)じがします。古今(こきん)和歌集(わかしゅう)のうたは、原文(げんぶん)のひらがなを漢字(かんじ)にしてしまうと、つまらないものになってしまうことがあります。
 仲麻呂(なかまろ)は、(とう)通訳(つうやく)をまじえたりする必要(ひつよう)はありません。土佐(とさ)日記(にっき)仲麻呂(なかまろ)のストーリーは紀貫之(きのつらゆき)創作(そうさく)といわれています。仲麻呂(なかまろ)は、その()、いまのベトナムになんとかたどりつき、長安(ちょうあん)にもどることができました。けれども、日本(にほん)にもどることはかなわず、73(さい)のときに(とう)でなくなりました。

土佐(とさ)日記(にっき)』のこころと文化(ぶんか)相対(そうたい)主義(しゅぎ)

 『(たま)勝間(かつま)』の「からごころ」に、つぎのような(ぶん)があります。


そもそも人の心は、皇國も外つ國も、ことなることなく、善惡是非(よさあしさ)に二つなければ、(こと)漢意(からごころ)といふこと、あるべくもあらずと思ふは、一わたりさることのやうなれど、然思ふもやがてからごゝろなれば、とにかくに此意は、のぞこりがたき物になむ有ける、人の心の、いづれの國もことなることなきは、本のまごゝろこそあれ、からぶみにいへるおもむきは、皆かの國人のこちたきさかしら心もて、いつはりかざりたる事のみ多ければ、眞心にあらず


 大意(たいい)貫之(つらゆき)信条(しんじょう)そのままのようにおもわれます。貫之(つらゆき)漢文(かんぶん)和文(わぶん)よりもすぐれているとかんがえる当時(とうじ)日本(にほん)貴族(きぞく)社会(しゃかい)のひとびとに()をとなえました。宣長(のりなが)は、「今はかなといふ物ありて、自由にかゝるゝに、それを捨てて、不自由なる漢文をもて、かゝむとするは、いかなるひがこゝろえぞや」ともいいました
 いまはこうしたことを「文化(ぶんか)相対(そうたい)主義(しゅぎ)」といいます。すべての文化(ぶんか)対等(たいとう)であるという思想(しそう)です。『土佐(とさ)日記(にっき)』は「をとこもすなる日記といふものを をむなもし((おんな)文字(もじ))てみんとてするなり」という(ぶん)で、はじまります。これをふまえれば、貫之(つらゆき)は「漢字(かんじ)とひらがなは対等(たいとう)である」といっているようにもおもわれます。じっさい、『土佐(とさ)日記(にっき)』の文章(ぶんしょう)はほとんどひらがなでかかれています。
 ことし、おおきな台風(たいふう)がきたときに、NHKニュースがつぎのようなツイートをしたことがありました。


【がいこくじん の みなさんへ】
たいふうが つぎの どようび から にちようび、とうかいちほう や かんとうちほう の ちかくに きそうです。
とても つよい かぜが ふいて、あめが たくさん ふるかもしれません。きをつけて ください。


 このひらがなだけのツイートにたいしては、おおくの批判(ひはん)(こえ)がありました(「「バカにしてる」総ひらがなツイートが炎上した理由と日本の未来」)。なぜでしょうか。
 いまの古文(こぶん)授業(じゅぎょう)でならう『土佐(とさ)日記(にっき)』は、原文(げんぶん)漢字(かんじ)かなまじりの文章(ぶんしょう)改竄(かいざん)したものになっています。貫之(つらゆき)のひらがなの表記(ひょうき)をいじらずに『土佐(とさ)日記(にっき)』をおしえていれば、こうした批判(ひはん)はなかったのではないでしょうか。古文(こぶん)をおしえようとするときに、表記(ひょうき)だけは現代(げんだい)公用文(こうようぶん)のスタイルにかきかえておしえようとするのは、ふしぎな(かん)じもします。
 ことしは、「KuroNetくずし字認識サービス」がはじまりました。AIのちからをかりて、くずし()文章(ぶんしょう)をそのままよめるようになってきています。当時(とうじ)資料(しりょう)をそのままつかった授業(じゅぎょう)もできるようになるといいですね。

参考(さんこう)文献(ぶんけん)

 「土佐(とさ)日記(にっき)」については、いろいろな学術(がくじゅつ)分野(ぶんや)から(ほん)がでています。あれこれとみくらべてみると、学校(がっこう)でならうとおりのことばかりではなくて、おもしろかったりします。