Shiki’s Weblog

藤原(ふじわら)時平(ときひら)とひらがな

2019/12/12, 2019/12/14加筆(かひつ)

仁徳(にんとく)天皇(てんのう)炊煙(すいえん)のお(はなし)

 ことしは消費税(しょうひぜい)税率(ぜいりつ)があがりました。そのこともあってか、仁徳(にんとく)天皇(てんのう)炊煙(すいえん)のお(はなし)がニュースでときどきでてきました。炊煙(すいえん)のお(はなし)は、『日本(にほん)書紀(しょき)』や『古事記(こじき)』にかかれています。

日本(にほん)書紀(しょき)』[1, 2, 3]


 四年春二月己未朔甲子、詔群臣曰「朕登高臺以遠望之、烟氣不起於域中、以爲、百姓既貧而家無炊者。朕聞、古聖王之世、人々誦詠德之音、毎家有康哉之歌。今朕臨億兆、於茲三年、頌音不聆、炊烟轉踈、卽知、五穀不登、百姓窮乏也。封畿之內、尚有不給者、況乎畿外諸国耶。」
 三月己丑朔己酉、詔曰「自今以後至于三年、悉除課役、以息百姓之苦。」是日始之、黼衣絓履、不弊盡不更爲也、温飯煖羹、不酸鯘不易也、削心約志、以從事乎無爲。是以、宮垣崩而不造、茅茨壞以不葺、風雨入隙而沾衣被、星辰漏壞而露床蓐。是後、風雨順時、五穀豊穰、三稔之間、百姓富寛、頌德既滿、炊烟亦繁。
 七年夏四月辛未朔、天皇、居臺上而遠望之、烟氣多起。是日、語皇后曰「朕既富矣、更無愁焉。」皇后對諮「何謂富矣。」天皇曰「烟氣滿国、百姓自富歟。」皇后且言「宮垣壤而不得脩、殿屋破之衣被露、何謂富乎。」天皇曰「其天之立君是爲百姓、然則君以百姓爲本。是以、古聖王者、一人飢寒、顧之責身。今百姓貧之則朕貧也、百姓富之則朕富也。未之有百姓富之君貧矣。」


 仁徳(にんとく)天皇(てんのう)は、百姓(ひゃくしょう)たちがみんなまずしく、こまっているのをみて、3年間(ねんかん)税金(ぜいきん)をとらなかったのだそうです。そのあいだ、仁徳(にんとく)天皇(てんのう)じしんも質素(しっそ)にくらしました。3(ねん)()百姓(ひゃくしょう)たちがみんなゆたかになったのをみて、仁徳(にんとく)天皇(てんのう)は「わたしは、もうゆたかになったよ」といいました。そのときは、まだ大殿(おおとの)はこわれたままだったのですけれども。
 そんなお(はなし)です。仁徳(にんとく)天皇(てんのう)食事(しょくじ)用意(ようい)するけむりが(いえ)々からたっているかどうかをみていたのでした。ことしは、仁徳(にんとく)天皇(てんのう)(りょう)などの古墳(こふん)(ぐん)世界(せかい)文化(ぶんか)遺産(いさん)になることもきまりました。
 奈良時代に『日本(にほん)書紀(しょき)』ができると、(みやこ)役人(やくにん)は『日本(にほん)書紀(しょき)』を勉強(べんきょう)するようになります。『日本(にほん)書紀(しょき)』の講義(こうぎ)がおわると、高官(こうかん)たちはそのなかの逸話(いつわ)にちなんだ和歌(わか)をよみました。
 左大臣(さだいじん)だった藤原(ふじわら)時平(ときひら)がよんだ和歌(わか)がのこっています。

日本紀(にほんぎ)竟宴(きょうえん)和歌(わか)』[4]


多賀度能兒 乃保利天美禮波 安女能之多 與母爾計布理弖 伊萬蘇渡美奴留
たかとのに のぼりてみれは あめのした よもにけふりて いまそとみぬる


 この時平(ときひら)(うた)は、のちに後世(こうせい)(ふう)(うた)につくりかえられて、仁徳(にんとく)天皇(てんのう)(さく)のうたとしてつたえられます。本居(もとおり)宣長(のりなが)が『古事記伝(こじきでん)』のなかでその経緯(けいい)説明(せつめい)しています。

(しん)古今(こきん)和歌(わか)(しゅう)』[5]


みつきものゆるされてくにとめるを御らんして
仁徳天皇御哥

たかきやに のほりてみれは けふりたつ たみのかまとは にきはひにけり


 ところで、『古事記(こじき)』のつたえる仁徳(にんとく)天皇(てんのう)炊煙(すいえん)のお(はなし)は、『日本(にほん)書紀(しょき)』とすこしちがいます。3(ねん)()(いえ)々からけむりがたっているのをみて、ゆたかになり課税(かぜい)してもよいとおもいました。そんな(かん)じでしょうか。『日本(にほん)書紀(しょき)』は、仁徳(にんとく)天皇(てんのう)がよりりっぱにみえるように、おおげさにかかれているのだと宣長(のりなが)はかいています。

古事記(こじき)』[6]


於是天皇、登高山、見四方之國詔之「於國中烟不發、國皆貧窮。故自今至三年、悉除人民之課伇。」是以、大殿破壞、悉雖雨漏、都勿脩理、以椷受其漏雨、遷避于不漏處。後見國中、於國滿烟、故爲人民富、今科課伇。是以百姓之榮、不苦伇使。故、稱其御世謂聖帝世也。


大和魂(やまとだましい)

 時平(ときひら)左大臣(さだいじん)だったときに右大臣(うだいじん)だったのが、いまは「天神(てんじん)さま」ですとか、「学問(がくもん)(かみ)さま」とよばれている菅原(すがわら)道真(みちざね)です。けれども、醍醐(だいご)天皇(てんのう)は、道真(みちざね)九州(きゅうしゅう)太宰府(だざいふ)左遷(させん)します。これは時平(ときひら)道真(みちざね)をおとしいれたといわれていますが、真相(しんそう)はわからない部分(ぶぶん)もおおいのだそうです。
 谷崎(たにざき)潤一郎(じゅんいちろう)は、『少将(しょうしょう)滋幹(しげもと)(はは)』のなかで、つぎのようにかいています。


 勤めぎらいの平中は、宮中への出仕は怠りがちであったらしいが、本院の左大臣のもとへは始終御機嫌(ごきげん)伺いに行った。本院と云うのは、中御門(なかみかど)の北、堀川の東一丁の所にあった時平の居館の名で、当時時平は故関白(かんぱく)太政(だじょう)大臣基経(もとつね)、―――昭宣公(しょうせんこう)嫡男(ちゃくなん)として、時の(みかど)醍醐(だいご)帝の皇后穏子(おんし)の兄として、権威並びない地位にあった。時平(これはトキヒラが本当であろうが、古くからの云い習わしに従って矢張(やはり)シヘイと呼ぶことにしよう)が左大臣になったのは昌泰(しょうたい)二年、二十九歳の時であって、初めの二三年の間は右大臣に菅原道真(みちざね)が控えていたゝめに多少牽制(けんせい)もされたけれども、昌泰四年の正月にその政敵を(おとしい)れることに成功してからは、名実共に天下の(いち)(ひと)であった。そして此の物語の時代にも、まだ三十を三つか四つ越したぐらいに過ぎなかった。今昔物語には、此の大臣もまた「形美麗に有様いみじきこと限りなし」「大臣のおん形(ごゑ)気はひ(たきもの)()よりはじめて世に似ずいみじきを云々」と記しているので、われ/\は富貴と権勢と美貌と若さとに恵まれた驕慢(きょうまん)な貴公子を、直ちに眼前に描くことが出来る。従来藤原時平と云うと、あの車曳(くるまびき)の舞台に出る公卿悪(くげあく)の標本のような青隈(あおくま)の顔を想い浮かべがちで、何となく奸佞邪智(かんねいじゃち)な人物のように考えられて来たけれども、それは世人が道真に同情する(あま)りそうなったので、多分実際はそれ(ほど)の悪党ではなかったであろう。(かつ)て高山樗牛(ちょぎゅう)菅公論(かんこうろん)を著わして、道真が彼を登用して藤原氏の専横(せんおう)を抑えようとし給うた宇多(うだ)上皇(じょうこう)優渥(ゆうあく)な寄託に(そむ)いたのを批難し、菅公の如きは意気地(いくじ)なしの泣きみそ詩人で、政治家でも何でもないと云ったことがあるが、そう云う点では時平の方が(かえ)って政治的実行力に富んでいたかも知れない。大鏡(おおかがみ)は時平を悪くばかりは云わず、愛すべき点があったことをも伝えている中に、可笑(おか)しいことがあると()ぐ笑い出して笑いが止まらない癖があったと云うが如きは、無邪気で明朗濶達(かったつ)な一面があったことを證するに足りるのであるが、その一例として滑稽(こっけい)な逸話がある。まだ道真が(ちょう)にあって、時平と二人で政務を見ていた頃のこと、いつも時平がひとりで非道に事を処理して、道真に(くちばし)を入れさせないので、(なにがし)と云う記録係の属官が一計を案じ、或る日文案を文挟(ふばさ)みに挟んで左大臣の前に捧げて行き、それを時平に渡そうとするはずみにわざと音高く放屁(ほうひ)をした。時平は途端に()き出してわッは/\腹を(かか)え始めたが、いつ迄たっても笑いやまず、体がふるえてその文案を受取ることが出来ないので、その間に道真が悠々と事務を()り、思いのまゝに裁断を下した、と云うのである。
 時平は又なか/\勇気があった。道真の死後、その霊が化して雷神となって朝臣に(あだ)をすると信ぜられていた時分、或る日清涼殿(せいりょうでん)に落雷して満廷の公卿(くげ)たちが顔色を失った折に、時平は凜然(りつぜん)太刀(たち)を引き抜いて大空を(にら)み、「あなたは生きておられた時にも私の次の位だったではないか、たとい神になられても、此の世へ来られたら私を尊敬なさるのが当然ですぞ」と叱咤(しった)したので、その威勢を恐れたかのように、雷鳴が一時静かになった。されば大鏡の作者も、いろ/\悪いことをした大臣ではあったけれども「大和魂(やまとだましひ)などはいみじくおはしましたるものを」と云っている。
 こう云うと、時平はたゞ向う見ずの、お坊ちゃん育ちの餓鬼(がき)大将のようにも取れるが、案外そうでない一面もあって、醍醐帝と此の大臣とが(ひそ)かに(はか)って世間の(おご)りを戒めたと云う話なども伝わっている。それは或る時、時平が帝の定め給うた制を破った華美な装束をして参内(さんだい)したのを、帝が小蔀(こじとみ)隙間(すきま)から御覧になって急に機嫌を損ぜられ、職事(しきじ)を召されて、「近頃過差(かさ)の取締がきびしいのに、左大臣たる者がいかに(いち)(ひと)であるとは云え、(こと)のほかきらびやかな装いをして参るとは()しからぬ、早々退出するように申し付けよ」と仰せられたので、職事はどうなることやらと案じながら、こわ/″\仰せの趣を伝えると、時平は恐懼(きょうく)()く所を知らず、従者共に先を追わせることをも禁じ、(あわ)てふためいて退出して、以後一箇月ばかりは堅く居館の門を閉じて引籠(ひきこも)っていた。たま/\人が訪ねて来ても、「お上の御勘当(ごかんどう)が重いので」と云って面接せず、御簾(みす)の外にも出なかったので、(ようや)く此の事が評判になり、世人が(おご)りを慎しむようになったが、これは(あらかじ)め時平が帝としめし合わせてしたことなのであった。


 いまは大和魂(やまとだましい)などというと十五(ねん)戦争(せんそう)ちゅうの軍国(ぐんこく)主義(しゅぎ)(てき)意味(いみ)をおもいだされたりもするでしょうか。もともとは、源氏(げんじ)物語(ものがたり)にでてくることばで、「対処(たいしょ)能力(のうりょく)」とか「政治的(せいじてき)実行(じっこう)(りょく)」というような意味(いみ)だったそうです。そういう能力(のうりょく)にすぐれていたのが時平(ときひら)だったと『(おお)(かがみ)』にはかかれています。
 室町(むろまち)時代(じだい)に『菅家遺誡(かんけいかい)』という(ほん)がつくられて、「和魂漢才(わこんかんさい)」ということばがうまれます。そこから、江戸(えど)時代(じだい)には大和魂(やまとだましい)まで道真(みちざね)発揮(はっき)したようなお(はなし)にかわっていったようです。宣長(のりなが)は『菅家須磨記(かんけすまのき)』といった偽書(ぎしょ)がひろまったことを『(たま)勝間(かつま) ― 松嶋の日記といふ物』で批判(ひはん)したりもしています。
 時平(ときひら)のすすめた『延喜(えんぎ)()』では、(しょう)農民(のうみん)保護(ほご)したといわれます。『日本紀(にほんぎ)竟宴(きょうえん)和歌(わか)』で仁徳(にんとく)天皇(てんのう)炊煙(すいえん)のお(はなし)をえらんだ時平(ときひら)です。谷崎(たにざき)潤一郎(じゅんいちろう)がかいたように、いまの時平(ときひら)はわるくいわれすぎている(かん)じなのでしょう。

古今(こきん)和歌(わか)(しゅう)とひらがな

 『古今(こきん)和歌(わか)(しゅう)』(905(ねん))[7]は醍醐(だいご)天皇(てんのう)勅命(ちょくめい)でつくられたさいしょの勅撰(ちょくせん)和歌集(わかしゅう)です。たいせつにのこされてきた、りっぱな公文書(こうぶんしょ)です。『古今(こきん)和歌集(わかしゅう)』の選者(せんじゃ)は、つぎの4(にん)です。

 国語(こくご)教科書(きょうかしょ)でならう、つぎのうたは友則(とものり)のうたです。

ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづこころなく はなのちるらむ

 この4(にん)をじっさいにえらんだのは時平(ときひら)だったとかんがえられているようです。そのころの紀氏(きうじ)は「(おう)(てん)(もん)(へん)」(866(ねん))のあと衰退(すいたい)をはじめていました。貫之(つらゆき)は、866(ねん)うまれともいわれています。

<ruby>現在<rp>(</rp><rt>げんざい</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby>応<rp>(</rp><rt>おう</rt><rp>)</rp></ruby><ruby>天<rp>(</rp><rt>てん</rt><rp>)</rp></ruby><ruby>門<rp>(</rp><rt>もん</rt><rp>)</rp></ruby>現在(げんざい)(おう)(てん)(もん)平安(へいあん)神宮(じんぐう)復元(ふくげん)したもの)

 そのようななかで友則(とものり)土佐掾(とさのじょう)国司(くにのつかさ)(だい)等官(とうかん))に(にん)ぜられたのは、時平(ときひら)尽力(じんりょく)があったからといわれています。後撰(ごせん)和歌集(わかしゅう)にふたりのうたがのこっています。

後撰(ごせん)和歌集(わかしゅう)』巻第十五 [8]


紀友則またつかさたまはらさりける時、ことのついて侍りて、年はいくらはかりにかなりぬるととひ侍りけれは、四十余になんなりぬると申しけれは

贈太政大臣
いままてに なとかははなの さかすして よそとせあまり としきりはする

返し
とものり
はるはるの かすはわすれす ありなから はなさかぬきを なににうゑけむ


 贈太政大臣(だじょうだいじん)時平(ときひら)です。時平(ときひら)はなくなってから太政大臣(だじょうだいじん)官職(かんしょく)をおくられたので「(ぞう)」とついています。うたの名声(めいせい)でしられていた友則(とものり)が40(さい)をすぎても官職(かんしょく)につけずにいたことに、時平(ときひら)はおどろいたのでした。「(おう)(てん)(もん)(へん)」は藤原(ふじわら)(うじ)陰謀(いんぼう)だったともいわれています。けれども、優秀(ゆうしゅう)人物(じんぶつ)は、(うじ)によらずにとりたてる。そんな時平(ときひら)のイメージがうかんできます。
 現在(げんざい)では『古今(こきん)和歌(わか)(しゅう)』のうたはすべてひらがなでかかれていたと推定(すいてい)されています。それまでは日本(にほん)公文書(こうぶんしょ)につかわれる文字(もじ)漢字(かんじ)だけでした。それが古今(こきん)和歌集(わかしゅう)のいちばんふるい写本(しゃほん)高野切(こうやぎれ)」のうたでつかわれている漢字(かんじ)は、()(はな)()(ひと)()(なか)だけだそうです。ここにも時平(ときひら)政治的(せいじてき)決断(けつだん)大和魂(やまとだましい)があったのではないか。そうかんがえられているようです。常用(じょうよう)仮名(かな)漢字(かんじ)だけでかいたうたをあつめた大伴(おおとも)旅人(たびと)の「梅花(ばいか)(えん)」(730(ねん))から175(ねん)()のできごとでした。
 古今(こきん)和歌集(わかしゅう)には時平(ときひら)和歌(わか)が2(しゅ)えらばれています。


朱雀院のをみなへしあはせによみてたてまつりける
左のおほいまうちきみ
をみなへし あきののかぜに うちなびき こころひとつを たれによすらむ(230

題しらす
左のおほいまうちきみ
もろこしの よしののやまに こもるとも おくれむとおもふ われならなくに (1049)


 ふたつめのうたは、後撰和歌集の伊勢(いせ)とのつづきでしょうか。

『後撰和歌集/巻第十二』[9]


女につかはしける
贈太政大臣
ひたすらに いとひはてぬる ものならは よしののやまに ゆくへしられし

返し
伊勢
わかやとと たのむよしのに きみしいらは おなしかさしを さしこそはせめ


時平(ときひら)再評価(さいひょうか)

 (なん)(びゃく)(ねん)もかけてかな文字(もじ)だけの文学(ぶんがく)発展(はってん)させてきた飛鳥(あすか)奈良(なら)平安(へいあん)時代(じだい)。その歴史(れきし)のなかで、時平(ときひら)()くことのできない人物(じんぶつ)のようにおもわれます。それをふたたび和歌(わか)にまで漢字(かんじ)をまじえてかくようになったのはいつごろからなのか。ここ数年(すうねん)研究(けんきゅう)がすすんでいるようです。『勅撰集の書式と表記の関係――新古今集以降の古筆切を対象として――』(2014)といった論文(ろんぶん)があります。
 道真(みちざね)天神(てんじん)さまとしておまつりされているのに、時平(ときひら)のあつかいはどうなのだろう。そんなふうにおもって、すこししらべてみました。千葉(ちば)(けん)には時平(ときひら)をおまつりしている神社(じんじゃ)がいくつかあるそうです。習志野(ならしの)()菊田(きくた)神社(じんじゃ)船橋(ふなばし)()二宮(にのみや)神社(じんじゃ)。さらに「時平(ときひら)神社(じんじゃ)」といわれる神社(じんじゃ)がほかにも4(しゃ)あるようです。

参考(さんこう)文献(ぶんけん)

  1. 仁徳天皇(十)百姓が貧しくて家に飯を炊く者がいないのではないか?
  2. 仁徳天皇(十一)三年の間、全ての課役を免除する
  3. 仁徳天皇(十二)天下を治める君主が立つのは百姓のためだ。だから君主とは百姓を根本とするのだ。
  4. 日本紀竟宴和歌/040
  5. 新古今和歌集/巻第七
  6. 本居宣長『古事記伝』(現代語訳)35
  7. 『古今和歌集』
  8. 『後撰和歌集』巻第十五
  9. 『後撰和歌集』巻第十二