2012年7月8日日曜日

『飲食店内での撮影ガイドライン』を公開しました。

前回の"escort"ウェブ ブラウザのブログ記事については、たくさんの人がリツイート、いいね!、+1などをしてくださって、このブログの中で一番ページビューの多い記事になりました。できる限り早くベータ版をお届けできるようにこれからも開発を進めていきます。

飲食店内での撮影ガイドライン


今回はいつものようなウェブ ブラウザの話題ではなくて、本日公開したレストランやカフェ向けの『飲食店内での撮影ガイドライン』についてご案内します。

レストランやカフェで料理の写真や仲間との写真をカメラやスマートフォンで撮影することは、いまではよくある風景になりました。一方で、そうして撮影された写真と一緒にまったく無関係の他のお客様の写真などまで無断でインターネット上にアップロードされて公開されてしまったりするトラブルも発生するようになってしまっています。お店ですぐに気づいて対応できれば良いのですが、すべてを把握して対応することは難しく、どうしてもお客様のご協力が必要になっているのが現状です。

これまではレストランで撮影と言えば、全面禁止か暗黙に許可かのどちらかになっていたことが多かったと思います。しかし、スマートフォンのような手軽に誰でもインターネットに写真をアップロードできる端末が普及し、Facebookのようにプライバシーにも配慮しながらインターネットで情報をシェアしたりできるサービスも普及してきていて、単に全面禁止か暗黙に許可かのどちらか、というのは、お客様にとっても多くの飲食店にとってもあまり現実的な方法ではなくなりつつあるように感じています。

エスリル カフェでは先日から写真に関するポリシー(ルール)についてご案内するようにしています。しかし、これはエスリル カフェだけの問題ではないということで、すべての飲食店でご自由に利用できるようなガイドラインを作成して公開することにしました。

撮影ガイドラインのアイコン
公開したガイドラインでは、クリエイティブコモンズに倣って、上図のような8つのアイコンからいくつかを選択して、撮影禁止から、撮影だけはOK、インターネットへのアップロードもOK、といったお店にあったポリシー(ルール)を作成して表示できるようにしています。

ちなみにエスリル カフェでは、ガイドラインから、PA-SS-NC

撮影可・個人のブログやSNSにアップロード可・非営利のみ
を選択しました。個人的な利用やSNSでの共有はしていただけますが、店内で撮影された写真を無断で商業・営利目的のサイトにアップロードすることはできません、ということです。(もちろん、どのような表示であっても、また表示がなくても、他の人にご迷惑になるような写真の撮影、アップロードはしないようにお願いします。)

このガイドラインはどなたでも自由にご利用いただけるようにクリエイティブコモンズ ライセンスのもとで提供しています。またお店のホームページにこのガイドラインのアイコンを表示されていれば、コンピューターが簡単にお店の写真ポリシーを検出することができるようになります。そうなれば、飲食店を扱ったウェブサイトなども、現状のように写真をアップロードした本人にのみ責任を追わせるような運営から、技術的にはコンピューターで自動的にお店のポリシーに適さない写真の掲載を行わなくなるようなより公平な運営に変更していくことができるようになります。

詳細については、ぜひ『飲食店内での撮影ガイドライン』をお読みください。

0 件のコメント:

コメントを投稿